英語コーチ!

「ビジネス英語コーチ!中尾匡宏の壁を破るマインドセット」へようこそ!プロフェッショナルとしてビジネス英語が必要なあなたへ。
2400人を超える「英語の迷子さん」を救ってきたビジネス英語コーチが、ビジネスで自信を持って英語を使うために本当に必要なマインドセットをお届けします。

Bayside English
法人ビジネス英語研修 http://englishlesson.jp/ 
個人短期集中ビジネス英語http://www.webcobo.com/
正しい英語を使う前に、まず間違った英語を話せますか?
0
    JUGEMテーマ:ビジネス
    JUGEMテーマ:学問・学校

     ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    平成25年7月30日(火)


    メルマガ 「英語コーチ!のビジネス英会話ワンポイント・レッスン」
                                 
                         英語コーチ!Bayside English
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    夏のビジネス英語スキル・アップキャンペーン受付中
    ビジネス英会話 短期集中猛特訓レッスンを実施中です!

    海外出張、プレゼンテーション、交渉、業務報告、国際会議・学会のご準備、議事進行など
    短期集中のビジネス英語スキルアップに!

    短期集中 ビジネス英会話:マンツーマン http://www.baysideenglish.com/index.html
    法人ビジネス英会話講師派遣 http://englishlesson.jp/

    英語コーチ!:ビジネス英語学習のご相談、ビジネス英語習得のコーチング
    (月2回5,000円〜)

    朝のビジネス英語勉強会(1回500円)は、毎週月/金7:00〜(横浜西口にて)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ビジネス英語が必要なすべての人達へ。

    英語の語学研修、ビジネス英語の講師派遣を行う
    ベイサイド・イングリッシュの英語コーチが、
    すぐに役立つ、ワンポイント・レッスンをお届けします。

    ■今日のお題■
    [〜正しい英語を使う前に、まず間違った英語を話せますか?〜]


    「いやいや、ビジネスで英語をきちんと話したいから、学ぶんだろう?」

    「間違った英語ではなく、正しい英語を仕事で話せるようになりたいんです!」


    そうですよね。
    確かに、仰るとおりです。



    では、「間違っても、自信を持って、自分の意見を伝えようとしていますか?」


    言いよどんでも、途中で詰まっても、

    時間が掛かっても、笑われても、

    最後まで諦めずに、自分の言葉で話していますか?


    ◇間違っても、いいんです。

    というか、私たちの母国語は、日本語です。

    間違って、当たり前です。

    ネイティブでも、英語を話すときに、間違います。

    ネイティブでも、英語を聞くとき、聞き取れないこともあります。

    なので、私たちが、いい間違うのも、

    聞き取れないことがあるのも、当然です。

     

    ◇当たり前のことですが、

    間違いながら、上手になります。

    「完璧になってから、自信が持てて、はじめて英語を話す」わけではありません。

    少しずつ、段々、スムーズに、自分の意見を伝えられるようになります。


    それまでは、言い間違ったり、相手に多少誤解されることがあっても、

    相手に確認したり、言い直したりしながら、今の力で、精一杯話すこと。


    これがあって、初めて、ビジネスで英語を自由に使えるようになるのです。


    間違うことが先。

    言いよどんだり、詰まることが先。

    聞き取れないことが、先。


    もし、あなたが、言い間違ったり、詰まったり、聞き取れなかったら、

    ちゃんと学んでいる証拠です。


    そのまま、続けてくださいね。

    順調な証拠ですから。


    *今日の言葉*
    "In order for you to profit from your mistakes,
    you have to get out and make some." 
    -- Anonymous


    ---------------------------------------------------------------

    【編集後記】

    間違って、学ぶことができます。

    英語を使って、はじめて、間違うことができます。

    準備は、大事。

    そして、実践はもっと大事。

    ---------------------------------------------------------------

    ◇講師と英語コーチに、プロフェッショナルの意見を聞いてみたい人こちらへ

             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    体験レッスン(1時間のレッスン+30分のコンサルティング)

    本当に使えるビジネス英語が必要な方へ。

    着実に、英語力を伸ばしたい方も。

    あなたの目指す人みたいになりたい方も。
    ---------------------------------------------------------------


    ◇「朝のビジネス英語勉強会(中級)」

    横浜(月/金)、並木中央(水)で実施中です。


    お待ち致しておりまります。


    ご応募・詳細詳はこちらから、どうぞ。

       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    朝のビジネス英語勉強会

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    〜只今、夏休みのビジネス英語スキル・アップキャンペーン中〜
    ビジネス英会話 短期集中猛特訓レッスンを実施中です!


    メルマガ「英語コーチ!のビジネス英会話スクール」でも学べます。
    お申込み登録・解除はこちらから
    → http://www.mag2.com/m/0000251935.html


    ビジネス英語専門レッスン
    &英語学習のコンサルティング
    〜お忙しい方こそ、「正しく学び続ける」ことが重要となります〜
    あたり前ですが..

    英語力UPの最後の砦! ベイサイド・イングリッシュ
    朝のビジネス英語勉強会(1回500円)は、毎週月曜日7:00〜(横浜西口にて)

    ベイサイド・イングリッシュ: http://www.baysideenglish.com/index.html
    法人ビジネス英会話講師派遣: http://englishlesson.jp/

    英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
    Bayside English: http://www.webcobo.com
    世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/
    Twitter @baysideenglish
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           【広告掲載のお問い合わせについて】
     
     詳細のお問い合わせにつきましては、
     タイトルに必ず【広告について詳細希望】と記して、下記アドレス
     までご連絡下さい。
     →→ info@baysideenglish.jp
           ※スパム防止のため、@は半角「@」に変更してお送り下さい。

     折り返し、原則として2営業日以内に、詳細情報をお送りさせて
     いただきます。
                                  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    メルマガ「英語コーチ!のビジネス英会話スクール」でも学べます。

    購読のお申込み登録・解除はこちらから
    http://www.mag2.com/m/0000251935.html


    ※広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられてのトラブル
     等について、当方では一切責任を負いかねますので予め御了承ください。
    Copyright (c) Baysdie English. All rights reserved. 

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    | スピーキング | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    〜英語を話すには、どうしたらいいですか?〜
    0
      JUGEMテーマ:ビジネス

       ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      平成23年7月28日(木)


      メルマガ 「英語コーチ!のビジネス英会話ワンポイント・レッスン」
                                   
                           英語コーチ!Bayside English
      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      〜只今、夏のビジネス英会話 短期集中猛特訓を実施中です!〜

      プレゼンテーション、交渉、業務報告、会議準備など
      夏休み中の短期集中ビジネス英語スキルアップに!

      短期集中 ビジネス英会話 http://www.baysideenglish.com/index.html
      法人ビジネス英会話講師派遣 http://englishlesson.jp/
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ビジネス英語が必要なすべての人達へ。

      英語の語学研修、ビジネス英語の講師派遣を行う
      ベイサイド・イングリッシュの英語コーチが、
      すぐに役立つ、ワンポイント・レッスンをお届けします。


      ■今日のお題■
      [〜英語を話すには、どうしたらいいですか?〜]

       

      ■英語を話すには、どうしたらいいですか?
      そのための勉強法は?

      現在英語を話せない方から、こんな質問をうけました。

      あなたなら、どうお答えになりますか?

      ・とりあえず話せ!
      ・海外留学する。
      ・英語を使わざるをえない状況に追い込む?


      ■英語を話せない方が、英語をはなすために

      すでに話せる人は、ここまでで。

      以下、私の回答をご紹介します。

      -------------------------------------------------------
      ○○さん、こんにちは。

      大きい問題ですね。
      ひとつひとつ、順を追って書いてみます。

      まず、話す(会話する)ために必要なことは、
      大まか分けると以下の2つとなります。


      1)自分の言いたいことを伝える。

        ・自分の言いたいことを表現するための単語を知る。(→語彙力が必要)
        ・自分の言いたいことを、単語を組み合わせ、意味の通る文章にする。
           (→文法の習得が必要)

        ・はじめて話す人や仕事などでは、丁寧な言葉を使える。
         (→状況に応じた語彙・表現を知っている)


      2)相手の言っていることが聞き取れる。
          ネイティブの話すスピードでも、

        ・単語を耳で正しく聞き取れ、意味がわかる。
           (→単語を耳で正しく覚えている。判別できる)
        ・群動詞や文法(仮定法や疑問文、命令文etc)なども、聞いて理解できる。
            (→語彙・表現、文法を瞬時に使える)

        また、聴きとるための努力をする。
        ・十分理解できなかった時には、相手に尋ねることができる。
           ⇒相手の話をさえぎったり、止めたりできる行動力・経験や慣れ

       


      ■では、これらを会話ですぐに、瞬時に使えるためには、
      どう勉強すればいいでしょうか?


      1.単語や文法を学ぶ
      2.正しい発音(単語1つ1つの発音+文章でつながって聞こえる音)の習得
      3.多様な表現を知る、会話の内容に応じた幅広い語彙力を身につける
      4.学んだことを使いこなす練習をする


      1.単語や文法を学ぶ

        自分の話したいことを表すために必要な
        語彙・文法を身につけることが必要です。

        ⇒話したいことは、何か。何のために英語が必要か明確にする。
         
        学習法例:
        日常会話を話すためであれば、日記を英語で書いてみる。
        その時に、英語で表現できない単語・文法があれば、書き出して調べる。

        ビジネスや専門分野であれば、そのトピックや場面に応じた語彙・表現
        を身につける。(聞く・読む・書く・話す)

       

      2.正しい発音の習得
        (単語1つ1つの発音+文章でつながって聞こえる音+聞こえなくなる音を知る)

        耳で正しく相手の言っていることがわからなければ、聞き取れないし、
        自分が正しく発音できなければ、ネイティブには伝わりません。

        語彙を身につける時には、必ず、目と耳の両方で、確認してください。
        それから、使われ方も(文法も)一緒に。

        これのどれかが欠けると、聞き取れない原因になったり、
        自分の話す言葉が正しいかどうか、いつも自信がないと感じることになります。

        学習方法例:
        ・自分で発音する。
        ・ディクテーションする。
         (ラジオやインターネット、テキストのCDなどを使って、
         繰り返し聞いて、すべて書き出す)

        ・自分で単語や文章を音読して、録音し、ネイティブの音源と比べてみる。
         (自分の発音が変であれば、正しく発音できるまで修正する)
        ・日ごろから音読する癖をつける。  

       

      3.多様な表現を知る、会話の内容に応じた幅広い語彙力を身につける

        英語には、いろんな表現があります。
        会話をする状況や立場に応じて、それに相応しい語彙や表現を知ることも必要です。
        また、いろんなことを話すには、多様な語彙力や知識も必要となります。

        学習方法例:
        ・自分の趣味やと得意なことを話したければ、
         それらの英語雑誌や番組を見て、語彙や表現を学ぶ。

        ・時事問題などであれば、英字新聞やインターネットの情報サイトを読む。
        ・なんでも話したければ、なんでも読む。

        ・友達と話すのであれば、友達同士が話している映画や小説、TVなどをみる。
        ・重要なビジネスパートナーと話したければ、同じ場面で使われている英語を探す。
       
        ・日ごろから、英語をたくさん読み、聞き、書き、(一人でも)話す。

       

      4.学んだことを使いこなす練習をする

        実際に話して、書いて、聴いて、考えて、とにかく何度も何度も使う。

        相手の言っていることが半分くらいわかり、
        自分の言いたいことが50%くらい言えるようになってきたら、
        (自分がなんとなく、話せるかなと思ったら)とにかく相手を見つけ会話してみる。

        このとき、わからない時のために、聞きなおす表現を知っておくと少し安心です。
          毎回は相手に聞きなおせないかもしれませんが....。

        学習方法例:
        ・ネイティブを見つけたら、声をかけてみる。
        ・困っている外国の方に、英語で声をかける。

        ・海外旅行で、現地の人に英語で話す。
        ・日ごろから、英語で考え、英語で独り言を言ってみる。

        ・言いたいことを、そのまま書いてみる。 
        ・日本人同士でも、英語で話す仲間を見つける。
        


      ○○さん、いかがでしょうか?
      当たり前のことで、○○さんがご存じのことばかりかとも思いましたが、
      何か少しでも、お役に立つことがあれば幸いです。

      わたしも、上記のことを、いろんな方法で何年も試しながら、
      なんとか英語を話せるようになりました。


      たとえば、まったく英語が聞き取れなかったころ、
      海外に行ったときには、自分の前を通る人に、
      同じ質問をして、答えがなんであっても”Thank you.”といって、
      また次に来た人に同じ質問をしたり。

      ネイティブの話す言葉をできるだけたくさん聴くために。

      そして、質問が同じなので、答えもある程度予想できますし、
      答えも話し手が違うだけで、同じ場合もあります。
      安心して、聴くことができます。


      そのころは、自信もなく、英語を使うチャンスもなかったですし、
      まだインターネットもそんなに広がっておらず、音源はラジオやCDばかりでしたし。

      私は飽きっぽい性格なので、同じことはつまらない。
      なので、次から次に、思いつくまま。
      面白くて、自分(のそのときの状況)でもできることを試しました。

      でも結局やることは、同じ。
      日本にいても、語学留学しても、やることは同じ。
      その方法や頻度が違うだけでした。

      英語を話せるようになるために、ある程度語彙や文法や例文をつめこんだら、

      ・話すことに慣れる練習
      ・聴くことに慣れる訓練
      ・そして、話す(英語で、続けてやり取りをする)ことに挑戦
      ・自由に、瞬時に使えいるようになるまで。

      といった具合に。

      ---------------------------------------------------------
      聴けないから、相手の言っていることが理解できない。
      単語や文法を知らないから、またどうやって使うかを知らないから話せない。
      ただ、分かったふりをする。そして、苦笑い。

      英語をある程度話せる方なら、ご自分なりの
      こんなご経験をお持ちだと思います。

      そして、自分なりのやり方で、努力し、行動し、積み重ねていく。
      なんだかんだ言っても、英語を話せるようになるかどうかは、これだけ。

      ↓↓↓↓
      やっぱり王道はなし、ということで。

      *今日の言葉* 
      "In the confrontation between the stream and the rock,
      the stream always wins, not through strength but by perseverance."
      -- H. Jackson Brown, Author
       
      ---------------------------------------------------------------
      【編集後記】

      ただの方法論で、つまらなかったですね。

      もっとドラマチックに。面白い経験談を、とも思ったのですが...。

      でも、自分なりに、当たり前のことを

      もう一度確認してみたかったので、そのまま書いてみました。


      ”時間がかかり、面倒くださいことの方が、

      やる人とやらない人の差は、大きくなりやすい”


      昔は、ビックチャンス。

      今は、英語ができて当たり前になってきているところも。

      あなたのいるところは、どうですか?

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      〜只今、8月の特別レッスン予約受付中!〜


      ビジネス英語専門レッスン
      &英語学習のコンサルティング

      英語力UPの最後の砦! ベイサイド・イングリッシュ

      ベイサイド・イングリッシュ: http://www.baysideenglish.com/index.html
      法人ビジネス英会話講師派遣: http://englishlesson.jp/

      英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
      Bayside English: http://www.webcobo.com
      世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/
      Twitter @baysideenglish
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             【広告掲載のお問い合わせについて】
       
       詳細のお問い合わせにつきましては、
       タイトルに必ず【広告について詳細希望】と記して、下記アドレス
       までご連絡下さい。
       →→ info@baysideenglish.jp
             ※スパム防止のため、@は半角「@」に変更してお送り下さい。

       折り返し、原則として2営業日以内に、詳細情報をお送りさせて
       いただきます。
                                    
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      メルマガ「英語コーチ!のビジネス英会話スクール」

      発行責任者: ベイサイド・イングリッシュ
      ※公式サイトはこちら→ http://www.baysideenglish.com/index.html
      登録・解除はこちらから
      https://editor.mag2.com/pub/magazine/registration/startUnregister.do

      ※広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられてのトラブル
       等について、当方では一切責任を負いかねますので予め御了承ください。
      Copyright (c) Baysdie English. All rights reserved. 

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      | スピーキング | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      ネイティブみたいに!
      0
        〜セカンドライフで、無料レッスン実施中!〜

        *英語コーチ!*


        「日本語は、名詞をよく使い
        英語は動詞をよく使う」


        ときどきネイティブから聴く言葉です。


        英語では、「動詞」は主語の次にくる重要な単語です。
        なかでも、厄介なのが「群動詞」

        同じ群動詞でも、違う意味もあるし、
        同じ動詞でも、組み合わせる前置詞が違うと意味も全く変わる。
        たーくさんある。
        なかなか、前後関係からも意味を推量しにくい。

        ん〜、ホントやっかいですよね。

        ↓↓↓↓↓

        でも、これができるようになると、
        英語がナチュラルに聞こえるから不思議!



        また、大変だからこそ、この群動詞に取り組んでいると
        いつの間にか、1つ上のレベルへいけるんです。
        (近江商人見たいですね)




        【学習方法】
        ・ネイティブが使う状況、前後関係をしっかり理解する。
        ・意味がわからないときには、必ず尋ねる。
        ・自分でも、すぐ真似して使う。
        ・もしくは、良い群動詞の辞書を買う。


        とにかく、覚えたら、すぐ使う。

        でたらめでもいいから使う。

        そして、周りのネイティブに直してもらう。

        間違った分だけ、記憶にも残るし、使い方も自然と身についてきます。


        想像してください。
        ↓↓↓↓↓↓

        ネイティブみたいに話してる自分。



        どうですか?
        結構、イケてますよね。
        -----------------------------------------------
        〜只今、秋の特別レッスン予約受付中!〜
                &
        〜セカンドライフで、無料レッスン実施中!〜
        (Japan Animeの弊社オフィス内)

        ビジネス英語専門レッスン
        &英語学習のコンサルティング

        英語力UPの最後の砦!ベイサイド・イングリッシュ


        英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
        Bayside English: http://www.baysideenglish.com
        世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/

        | スピーキング | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        お別れ時の挨拶
        0
          〜セカンドライフで、無料レッスン実施中!〜

          *英語コーチ!*

          英語があまりできなくても、
          通訳者が隣にいても、
          海外でお世話になった方には、

          感謝の気持ちくらいは、直接伝えたいものですよね。


          そこで今日は、簡単なお礼のフレーズ一式をご紹介します。



          1.まずは、この訪問を楽しんだことを伝えます。

          I have really enjoyed my visit to China.


          2.次に、お世話になったお礼を。

          Thank you for your hospitality.


          3.最後に、今度は日本で会えたらいいですねと。

          I hope you will be able to visit us soon in Japan.


          こんなに短く、簡単で良いんですよ。


          そして、これが最後の挨拶ですので、
          「自分の言葉」、「笑顔」&「気持ち」をこめて
          相手に最高の印象を残しましょう。

          きっと、相手も笑顔で応えてくれますよ。

          -----------------------------------------------
          〜只今、秋の特別レッスン予約受付中!〜
                  &
          〜セカンドライフで、無料レッスン実施中!〜
          (Japan Animeの弊社オフィス内)

          ビジネス英語専門レッスン
          &英語学習のコンサルティング

          英語力UPの最後の砦!ベイサイド・イングリッシュ

          | スピーキング | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          英語力を示しつつも、上手に尋ねる
          0
            *英語コーチ!*

            さて、昨日の続きです。

            「自分の英語に自信がないときには、
            自分の英語力のレベルまで、
            ネイティブのレベルを下げさせること」



            そのためには、何が必要だと思いますか?

            ↓↓↓↓↓



            もちろん、繰り返してもらうよう
            「相手にお願いする」ことです。

            -Asking for repeatition


            しかし、以下のようにただ繰り返してもらうのは
            初心者用。ビジネスでも使えるフォーマルな表現です。


            1.Could you say that again?
            2. Please say that again?




            ■では、相手の言っていることの一部
            聞こえないときはどうしますか?


            面倒くさいから、はじめから全部繰り返してもらいます?

            でも、それでは、相手から「この人は、英語ができない」
            「私の言っていることが、よく理解できない」

            と、誤解されてしますこともあります。


            そんな風にならないためには....


            1.Please repeat the LAST part.

            など、分からなかったところだけ、尋ねるように。

            =「私は、英語がわからないわけではなく、
                その部分だけ良く聞こえなかった」

            ということを言外に示すこともできるのです。


            また、
            Please go to the office and get me ▲▲▲▲▲▲.

            といわれたら、

            2. Sorry, WHAT?
            3. Sorry, WHAT do you want me to get?

            と、聞こえなかった部分にフォーカスしてください。
            相手も、一言で答えることができます。



            Please go to ▲▲▲▲▲. で行き先がうまく聞こえなかったら、

            4.Excuse me, WHERE?

            と、疑問詞を上手に使ってください。


            これで、自分の英語力を示しつつも、
            上手に相手に尋ねることができますよ。

            -----------------------------------------------
            〜只今、秋の特別レッスン予約受付中!〜

            ビジネス英語専門レッスン
            &英語学習のコンサルティング

            英語力UPの最後の砦!ベイサイド・イングリッシュ

            | スピーキング | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            欧米との大きな違い
            0
              *英語コーチ!*

              今回は、コミュニケーションにおける
              欧米と日本との大きな違いについて
              ご紹介いたします。


              ヨーロッパより、アメリカの方か顕著なんですが、
              相手の言っていることで、
              わからないことや曖昧なことがあると、
              その場で「相手の話を遮って、(確認)質問する」ということです。


              また、質問や意見がなければ、
              「了解した・理解した」
              ととられることも普通です。



              そこで、私たち日本人も、彼らと対峙するときには、
              怯まずどんどん、質問し、確認を行うことが必要です。


              そのときに、最も便利なフレーズ、ご存知ですか?
              みんなが知っている簡単なものです。

              ↓↓↓↓↓↓


              ”Excuse me, ...”

              ”I'm sorry, ...”


              そう、こんな簡単なフレーズでいいんです。
              自分がわからない、はっきり理解できていなかった
              ことを言葉で示すことが重要です。



              ただ、使い方を間違えると、
              あなたの英語力が低いと勘違いされますので要注意。

              つまり、毎回、「全部を繰り返してもらったり」、
              「ゆっくり話すようにお願いする」のではなく、

              ・聞こえなかった部分だけを聞く。
              ・自分がどこまで理解できているのかを示す。






              そして、自分の英語に自信がないときには、
              自分の英語力のレベルまで、
              ネイティブのレベルを下げさせること。



              これは、私たちノンネイティブにとっては、生命線ですので、
              明日、また詳しくお話します。


              -----------------------------------------------
              〜只今、秋の特別レッスン予約受付中!〜

              ビジネス英語専門レッスン
              &英語学習のコンサルティング

              英語力UPの最後の砦!ベイサイド・イングリッシュ


              | スピーキング | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              ネイティブに近づく発音練習
              0
                *英語コーチ!*

                発音について、たくさんのご意見を伺います。

                ・アメリカの発音がいい。
                ・イギリスは聞きやすい?
                ・オーストラリアの発音は...。
                ・イギリスの発音のほうがいい。
                ・東海岸と西海岸でも、ずいぶん違う。
                ・そもそも、標準的な発音はどこ?
                ・インドの英語は、わかりづらい。

                などなど。

                でも、ネイティブの発音を真似できる方や
                ネイティブらしい発音の方には、なかなか出会えません。


                どうしてでしょうか?


                ネイティブの言っていることは、十分理解できている方も
                たくさんいらっしゃるので、聞こえていないわけでもない。

                また、意味がわからなくても、音として聞こえてくるので
                真似できないこともない。

                でも、どうして「自分で話す時には、ネイティブらしく話せない」のか。



                それは...

                英語を学ぶ方も教えるほうも、
                次の3点について、あまり意識していないし、
                またそれらの「つながり」を意識をしていない。

                なにより、「適切な学習法を教わったことがない」からなんです。

                1.Word Stress
                2.Sentence Stress
                3.Intonation



                では、どうすれば...

                ↓↓↓

                学習法は、こちらのレッスンで。

                体験レッスンでも、分かります。

                --------------------------------------------------
                ビジネス英語力向上のコンサルティング、
                質の高いプライベート・レッスン。

                英語学習の最後の砦 Bayside English
                | スピーキング | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                心に残る文を
                0
                  *英語コーチ!*

                  最近はまっている言葉があります。

                  Anthony Robbinsさんの以下のようなものです。

                  "What we can or cannot do,
                  what we consider possible or impossible
                  is rarely a function of our true capability.
                  It is more likely a function of our briefs about who we are."



                  気になりだしてから、口にしていたら、いつの間にか覚えていました。

                  なかなか、単語や熟語が覚えられない方は、
                  自分の気に入った一文や、尊敬する人のスピーチの一部などから
                  始めてみてはいかがですか?

                  好きな言葉だから、楽しくできますし、
                  繰り返すうちに、その人の情熱や息遣いまで
                  感じれるようになりますよ。

                  -------------------------------------------------------
                  法人用ビジネス英語、英語学習法のコンサルティングなら
                  ベイサイド・イングリッシュ
                  | スピーキング | 16:39 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP
                  チョッピーは×
                  0
                    *コーチ!*
                    「流暢さ=ペラペラ」
                    ここにいくには、心意気です!


                    なぜなら、

                    「流暢さ=正確さ」ではないからです。


                    ペラペラ話すためには、その言葉のニュアンス通りに
                    間違いを気にせず、間をおかず、一気に話すことが
                    一番大切です。


                    CHOPPY・・途切れ途切れ、ではだめなんです。


                    もちろん、ネイティブにとっても
                    choppyに話されるより、

                    間違いがあっても
                    まとまって単語を言ってもらえるほうが、理解しやすいんですよ。


                    A:「私、欲しかった、乗る、飛行機、お盆、値段、高い・・・。」


                    A':「私お盆飛行機に乗りたかった。高かった値段。」


                    ネイティブに聞こえる違いは、こんな感じです。
                    イメージしてもらえました?


                    そうです。
                    ペラペラへの第一歩は、とにかく間違いなんか気にせず、

                    どうせゆっくり考えて話しても、間違うんですから)

                    言いたいこと、思ったことをどんどん話すことです


                    Choppyで、相手をイライラさせるより、
                    どーっと話して、相手に話しを
                    分かりやすく聞かせてあげてください。

                    間違いを気にせず、どんどん話して
                    相手にも分かりやすいなんで、簡単でしょ!



                    | スピーキング | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    究極の勉強法
                    0
                      *コーチ!*
                      超多忙な人に、究極のスピーキング力UP方法
                      をご紹介します。
                      もちろん、暇な人はかなり実力UPできます。

                      5〜10分の細切れ時間を見つけて、ぜひお試しください。


                      【スピーキング力のUP】
                      スピーキングに関しては、英英辞書を利用します。

                      ー分の知っている簡単な単語を英語で説明する。(1分)
                      英英辞書でチェック。(1分)
                      再度、辞書を見ずに、英語で説明する。(1分)


                      *注意事項*
                      ,鬘永以内で行うこと。
                      もし1分以上かかるようなら、諦めて
                      別の簡単な単語へ、すぐ移ってください。

                      が終わったら、書き出してみる(1分)と、更に流暢さに磨きがかかります。
                      これを毎日1日5〜10個。


                      これは、本当にスピーキング力がつきます。
                      とくに、「話せるように話す」という力(文法力と流暢さ)が
                      ぐっとUPします。

                      なぜなら、分からない単語も、知っている単語で説明できる
                      ようになるからです。

                      どうしても、「ペラペラ喋れない!」と感じている人は
                      だまされたと思って、10日間でも試して見てください。


                      | スピーキング | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP